詳しくはこちらからご確認ください




SWAN MAGAZINE 2017 春号 vol.47
定価 1000円(税別)/B5判/96ページ


ご注文はこちら


プルダウンメニューからバックナンバーをお選び下さい。


SWAN MAGAZINE
2016 冬号 Vol.46


好評発売中!



SWAN MAGAZINE
2016 秋号 Vol.45


好評発売中!



SWAN MAGAZINE
2016 夏号 Vol.44


好評発売中!



SWAN MAGAZINE
2016 春号 Vol.43

好評発売中!



SWAN MAGAZINE
2015 冬号 Vol.42


好評発売中!
お知らせ



「SWAN MAGAZINE」vol.47(2017年春号) 好評発売中!

「SWAN MAGAZINE」は
季刊(3月、6月、9月、12月)発売です。

「SWAN-白鳥-ドイツ編」第2巻発売中!

ノイマイヤー振付「オテロ」のオーディションに合格した真澄と選ばれなかったレオン。関係がぎくしゃくするなか、レオンに急接近するクリスに二人は翻弄されていく。 いっぽう、ハンブルクに移った真澄の前にもう一人のデズデモーナ候補が現れる。そして役作りに打ち込む真澄の体調に異変が——!?

定価本体:660円+税
ISBN:978-4-582-28778-3
有吉先生による加筆修正のほか、巻末には本誌41号の特集「有吉京子のバレエ紀行 ドイツ2015」からエッセイ漫画・ハンブルク編、42号より扉絵イラストを収録しています。ぜひご覧ください!

CONTENTS vol.47 2017 春号

  • [巻頭スペシャル・インタビュー]パリ・オペラ座 エトワールに夢中!

    マチュー・ガニオ
    ジョルマン・ルーヴェ

    文・加藤雪乃 写真・村松史郎

    エトワール任命 おめでとう!レオノール・ボーラック
  • [特集]初演から140年、永遠に輝く

    白鳥の湖

  • [Review] パリ・オペラ座バレエ ヌレエフ版「白鳥の湖」
  • [フォトアルバム] パリ・オペラ座バレエ ヌレエフ版「白鳥の湖」

    今、なぜ「白鳥の湖」か 〜初演から140年の節目を迎えて

    文・渡辺真弓

  • [Review] 深川秀夫振付 「白鳥の湖」

    [Review] 東京小牧バレエ団 「白鳥の湖」

    [Special Interview] 東京小牧バレエ団にゲスト出演!
    倉永美沙(ボストン・バレエ プリンシパル)

    [Review]新国立劇場バレエ団 「シンデレラ」
    K★BALLET STUDIO「31st Memorial Concert」
    新国立劇場バレエ団「Dance to the Future 2016」
    NBAバレエ団「Stars and Stripes」

    [Topics]
    高田茜さん受賞!! VOGUE JAPAN Women of the Year 2016

  • [連載]

    パリ・オペラ座バレエ学校の四季
     デモンストレーション&ヤン・サイズ講習会ルポ  文・土屋裕子

    世界の劇場から、こんにちは!
     中島麻美(スロベニア国立マルボル歌劇場) 文・菘あつこ

    ハンブルク便り11
     マーラー「大地の歌」ハンブルク初演!  文・岩本順子

  • 有吉京子のマウイ通信

  • [連載 第11話]

    「SWAN ─白鳥─ドイツ編 有吉京子

  • TOPIC/PREVIEW/BOOK/PRESENT
  • 表紙画:有吉京子 ジョン・ノイマイヤー振付『幻想〜「白鳥の湖」のように』より

編集部から
 バレエの代名詞ともいえる「白鳥の湖」が初演されたのは、1877年。それから140年を経た記念すべき今年、2017年に「白鳥の湖」特集をお届けします。巻頭は、パリ・オペラ座エトワールの中でも正統派貴公子と目されるお二人、マチュー・ガニオと2016年末に本作品でエトワールに任命されたフレッシュなジェルマン・ルーヴェが「白鳥の湖」について語ります。「白鳥の湖」公演レビューはもちろん、名演フォトアルバムでは、ローラン・イレール、エリザベット・プラテルの麗しい写真もご覧いただけます。
 ボストン・バレエで活躍する倉永美沙さんも登場。欧米やロシアでは、白鳥は“優美で大きい鳥”なので手足が長く大柄なダンサーが踊る役なのだそう。倉永さんは156センチ!! ハンデを乗り越え観客を感動させる舞台を作り上げる秘訣に迫ります。
 そして、レオンに新たな扉が開き、新局面を迎えた「SWAN ドイツ編」は、「オテロ」本番まで、あと2日。クリスの精神状態が不安定になり、真澄の体調も万全でないなか、舞台を成功に導くことができるのか――!? 目が離せない展開です。また、表紙の「白鳥の湖」のカラーイラストに注目! 有吉先生の繊細なチュチュの描写や色使いに、うっとり。ぜひ、店頭でお手に取ってご覧くださいね(知)。

ページトップ
プレゼント
本サイト[VOICE]のコーナーに投稿を掲載させていただいた方には「SWAN MAGAZINE」特製クリアファイルを抽選でプレゼントいたします。
詳しくは「お問い合わせ」
のページをご覧ください。


平凡社のトップページへ | プライバシーポリシー | オンラインショップご注文方法