詳しくはこちらからご確認ください




SWAN MAGAZINE 2018 冬号 vol.54
定価 1000円(税別)/B5判/96ページ


ご注文はこちら


プルダウンメニューからバックナンバーをお選び下さい。


SWAN MAGAZINE
2018 秋号 Vol.53

好評発売中!



SWAN MAGAZINE
2018 夏号 Vol.52


好評発売中!



SWAN MAGAZINE
2018 春号 Vol.51


好評発売中!



SWAN MAGAZINE
2017 冬号 Vol.50


好評発売中!



SWAN MAGAZINE
2017 秋号 Vol.49


好評発売中!
お知らせ



「SWAN MAGAZINE」vol.54(2018年冬号) 好評発売中!

「SWAN MAGAZINE」は
季刊(3月、6月、9月、12月)発売です。

「SWAN-白鳥-」完結記念プレミアムセット
ISBN978-4-582-28787-5 C0973
定価:本体19,557円

1976年の連載開始以来、数多のバレエ&漫画ファンを魅了しつづけてきたバレエ漫画の金字塔『SWAN-白鳥-』がこの春、『ドイツ編』第4巻の刊行をもってついに完結します。これを記念し、部数限定

豪華特典つき「完結記念プレミアムセット」

をご用意しました。

【豪華3大特典】
・特典その1 全20巻を特装カバーに

『SWAN-白鳥- 愛蔵版』全12巻+『SWAN-白鳥- モスクワ編』全4巻+『SWAN-白鳥- ドイツ編』全4巻の計20巻に、現在のカバーの上からさらにプレミアムセット限定の特装カバー(全巻違うデザイン!)をお掛けします。

・特典その2 サイン入り特装箱

『SWAN-白鳥-』全20巻がすっぽり収まる、美麗なイラストをあしらった特装箱をご用意しました。有吉京子先生のサイン入りで、フタを裏返してそのまま本棚に飾ることもできます。

・特典その3 特製チケットホルダー

バレエファン垂涎!
『SWAN-白鳥-』オリジナルのチケットホルダーです。バレエや展覧会のチケット入れとしてはもちろん、紙類の整理などにもオススメです。

※「完結記念プレミアムセット」には、『ドイツ編』第4巻も含まれます。第4巻は本セットでのみ通常カバーの上に特装カバーが掛かります。

刊行は2019年3月末の予定です。


CONTENTS vol.54 2018 冬号

  • [巻頭スペシャルインタビュー] パリ・オペラ座 エトワールに夢中!

    ローラ・エケ  文・加納雪乃  写真・水島優

  • [特集] 夢はエトワール!

    まいあとパリ・オペラ座

  • [保存版]
    有吉京子イラストコレクション「まいあ」

    パリ・オペラ座と日本人

    有吉京子の欧州バレエ取材紀行 Part2

    パリ・オペラ座バレエ学校の四季[秋-冬]
     1年間のスケジュール / オペラ座公演「ロビンスへのオマージュ」

    日仏友好160周年〈ジャポニスム2018〉
    歌舞伎、能に沸くパリ 
    パリの写真家
    ジュリアン・ベナム 初の写真集を発表! 

    [Review] シュツットガルト・バレエ日本公演
    「オネーギン」にマチュー・ガニオが客演!

  • [Review] 新国立劇場バレエ団
    「不思議の国のアリス」
    公開リハーサル / 2018/2019シーズン バレエ公演ラインナップ

  • [PREVIEW]
    Kバレエ カンパニー
    「ベートーヴェン 第九」「アルルの女」/「HANAGO-花子-」

  • [Interview]
    エレーナ・フィリピエワ
    キエフ・バレエ来日公演「白鳥の湖」「シンデレラ」を語る

  • [Review]
    世界ゴールド祭2018
    NBAバレエ団「リトルマーメイド」
    Noism1×SPAC 劇的舞踊「ROMEO&JULIETS」
    有吉京子の葉山通信 スペイン国立バレエ団観劇記

  • [連載]

    ハンブルク便り16 「トリアディック・バレエ」  文・岩本順子

    世界の劇場から、こんにちは! 
     高森美結(ハンガリー国立バレエ団) 文・菘あつこ

    いつも目に☆(ほし)最終回 文・中村和恵

  • [描きおろし]

    番外編「SWAN ─白鳥─variation (NY編)
    有吉京子 

  • [特別再録]

    「まいあ Maia ─SWAN actⅡ ─
    第1部 最終回より 
    有吉京子 


  • NEWS/CINEMA&CD/BOOK/PRESENT

  • 表紙画:有吉京子 「瀕死の白鳥」

編集部から
 今号の表紙も懐かしい「SWAN-白鳥-」の初期作品からお届けします。この絵は、「SWAN-白鳥-愛蔵版」第6巻の中でリリアナが「瀕死の白鳥」を踊るワンシーンから取ったもの。チュチュや羽根をはじめ、一本一本の線描が本当に繊細で美しい……。ぜひお手に取ってご覧くださいね。
 特集は、次号からSWAN次世代編「まいあ」第2部が始まることを祝して、第1部の連載時に描かれたカラーイラスト集や最終回の再録、有吉先生の「欧州バレエ取材紀行」の後編などをお楽しみいただけます。 また、まいあが通うパリ・オペラ座バレエ学校や、オペラ座バレエ団の最新情報も掲載。特に巻頭の「エトワールに夢中!」に登場する、ローラ・エケは、出産後「オネーギン」を踊って舞台復帰し、益々美貌と表現力に磨きがかかったとパリでも大評判のエトワールです。
 そして、SWANファンの皆さまから要望の多かったレオンの子供時代のお話が遂に、番外編に登場! SWAN連載中、ファンレターが一番多かったという人気ナンバーワンのキャラクター、レオンの初恋が8ページにわたって描かれます。有吉先生も描いていてとっても楽しかったそうで、「このテーマでもっと長く描きたい」とおっしゃっているほど。ぜひご一読の上、もっとここが知りたい、など番外編に描いてほしいことがありましたら、お手紙お寄せくださいね。
 さて、いよいよ、次号55号からは「まいあ」第2部の連載がスタートします。今号で前作を思い出しつつ、約10年ぶりに登場する新しいまいあちゃんとの再会をお楽しみに!(知)

ページトップ


平凡社のトップページへ | プライバシーポリシー | オンラインショップご注文方法